スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

超字幕 レビューその4 映画でヒアリングをするということ


エディーマーフィーの映画「大逆転」のフレーズの中に以下のようなものがあります。

Be quiet out there. My neighbous are asleep,they work too.

choujimaku
このセリフ、英語だけを見れば簡単なものですが、エディーマーフィーの生英語を聞くと

”ビクワイッデー、マネバースィ、ゼワトゥ” こんな感じにしか聞こえません。

おそらく市販の英語教材で同じセリフを聞くと、ほとんどの人が1度聞くだけでわかるように

きれいに発音されていますが、実際はこのような感じでこんな簡単な英語でも

まともに聞き取れません。

こういったフレーズがこの超字幕には満載です。聞き取れないパターンをお気に入り登録で

ためて繰り返し練習して自分のものにすることでかなり実用的なヒアリングが出来るのは

映画を教材にする最大の利点だと思います。

超字幕シリーズ公式HP

テーマ:英語学習の手段・方法 - ジャンル:学問・文化・芸術

12 : 32 : 24 | 超字幕 レビュー 評価 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<超字幕 990円 ダウンロード版について | ホーム | 超字幕 レビューその3 使いやすい3回リピート>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。